【サクッと判る】楽天ペイと楽天エディの違いを解説【重要な違いは一つだけ】

楽天Edy
シバ男
シバ男
  • 楽天ペイとエディの違いは?
  • 還元率は同じ?
  • 何が違うの?

楽天ペイとエディの違いなんて、知らないですよね。

僕も、よく知らないまま使ってました。

 

でも、違いを知れば、普段の買い物がお得になります。

楽天ペイとエディの違いが、サクっと解るように、表にまとめて解説しました。

 

本記事の内容
  • 楽天ペイと楽天エディの違い
  • 買い物をお得に利用する使い方

実は、大きな違いは一つしかありません。

まーち
まーち

違いを理解すれば、ポイント還元を逃さず、お得に買い物できます。

 

スポンサーリンク

楽天ペイと楽天エディの違いを比較

楽天ペイと楽天エディの違いを比較

楽天ペイとエディの違い

  • 還元率は同じ
  • 楽天ペイはチャージ不要
  • 楽天エディはチャージが必要

楽天ペイとエディの還元率は同じです。

どちらも、200円で1ポイント還元。

大きな違いは、楽天ペイはチャージ不要ですが、楽天エディには事前チャージが必要な点。

 

楽天ペイと楽天エディの違いを表にまとめました。

項目楽天ペイ楽天エディ
使い方スマホで利用スマホで利用、Edyカード
還元率0.5% (200円で1ポイント)0.5% (200円で1ポイント)
支払方法後払い(クレジットカード)前払い(チャージ)
チャージ方法

自動チャージ

 事前チャージ

  • 現金
  • 銀行口座
  • クレジットカード
支払上限金額
  • 通常 ⇒ 50万円
  • コンビ二 ⇒ 4,000円
  • 楽天ポイント  ⇒ 30,000円
  • 楽天キャッシュ ⇒ 30,000円

50,000円

(チャージ残高上限)

店の決済方法QRコード、バーコード読み込み端末にタッチ
利用店舗
  • コンビニ10チェーン
  • スーパー
  • ドラッグストア

 など、120万店舗以上

  • コンビニ13チェーン
  • スーバー
  • ドラッグストア

など、70万店舗以上

ネットの決済店舗によって可能 どちらか必要

  • FeliCaポート/パソリ
  • 楽天Edyリーダー

それぞれ違いはありますが、大きな違いは「チャージ方法」です。

チャージ方法の違いを知れば、使いこなせます。

シバ男
シバ男

なるほど!もう判った。

とりあえず現金で払う

まーち
まーち

絶対判ってないじゃん…。

 

楽天ペイと楽天エディ|チャージ方法の違い

  • 楽天ペイ  ⇒ 自動チャージ
  • 楽天エディ ⇒ 事前チャージ

 

それぞれ解説していきます。

 

楽天ペイは自動チャージで手間無し

クレジットカードを登録すればO.K

楽天ペイは、最初にクレジットカードの登録が必要。

登録すると、利用時に自動チャージして、支払ってくれます。

 

オススメのクレジットカード

  • 楽天カード

楽天カードは、年会費無料で還元率1%と最強のクレジットカードです。

楽天ペイと相性が良く、楽天カードの「期間限定ポイント」を、支払いに使うことができます。

公式ページ楽天カード

 

また、キャンペーン参加条件に「楽天カードの登録」があるので、楽天カードを登録しない理由がありません。

【還元が5%になるキャンペーン詳細】

楽天ペイキャンペーン情報

 

楽天ペイに必須の楽天カードを解説してます。

 

楽天エディは事前チャージが必要

チャージ方法は3種類

  • 現金
  • 銀行口座
  • クレジットカード

楽天エディにチャージする方法は、主に3種類あります。

余程の理由が無い限り、クレジットカード一択です。

シバ男
シバ男

なんで?現金が良いんだけど?

まーち
まーち

クレジットカードなら、チャージした分も、ポイントが還元されるからだよ!

 

楽天カードでチャージした場合

  • チャージ ⇒ 1%還元
  • 楽天エディ利用 ⇒ 0.5%還元

楽天カードでチャージすると、合計1.5%の還元を受けれます。(現金と銀行口座では、0.5%のみ)

損したい人以外は、クレジットカードでチャージしましょう。

 

注意事項

  • 楽天エディは利用する端末によって、使えるチャージ方法が異なる。

おサイフケータイ対応端末とiPhoneでは、チャージ方法が大きく変わります。

参考記事楽天Edyの全チャージ方法を解説【iPhoneでもチャージ】

 

楽天ペイと楽天エディ|利用店舗の違い

楽天ペイと楽天エディ|利用店舗の違い

利用可能店舗数

  • 楽天ペイ  ⇒ 120万店舗
  • 楽天エディ ⇒ 70万店舗

楽天ペイは小さな店でも使える為、利用店舗数が多くなっています。

 

楽天ペイと楽天エディで、利用できる主要店舗を比較しました。

楽天ペイ
  • コンビニ:セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、他
  • スーパー:イトーヨーカドー、ピアゴ、他
  • ドラッグストア:ツルハドラッグ、スギ薬局、他
  • 飲食店:松屋、ファーストキッチン、スシロー、他
  • 電気屋:ビックカメラ、ケーズデンキ、エディオン、他
楽天エディ
  • コンビニ:セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、京阪アンスリー、スリーエイト、くらしハウス、他
  • スーパー:イトーヨーカドー、ピアゴ、他
  • ドラッグストア:ツルハドラッグ、マツモトキヨシ、ココカラファイン、他
  • 飲食店:マクドナルド、モスバーガー、ガスト、吉野家、他
  • 電気屋:ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ケーズデンキ、エディオン、他

利用できる主要店舗を比較すると、そこまで大きな差はありません。

 

楽天ペイと楽天エディ|オススメの使い方

 

  • 楽天ペイ対応店 ⇒ 楽天ペイ
  • 楽天ペイが使えない ⇒ 楽天エディ

楽天ペイの方が、自動チャージで手間が少ないので、楽天ペイをメインで活用。

楽天ペイが使えない店舗は、楽天エディを使って、確実に還元を得るようにします。

シバ男
シバ男

なるほど、ケチな「まーち」らしいやり方だ!

でも、使い分けるの面倒…。

まーち
まーち

誰がケチだ!

実は、そんなに面倒でも無いんです。

 

楽天ペイアプリに楽天エディの機能が追加

2020年02月06日~楽天エディの機能が追加されました。

 

このアップデートにより、楽天ペイと楽天エディの使い分けが、簡単になりました。

※アンドロイド端末のみ

 

楽天エディの追加機能を解説してます。

 

まとめ|楽天ペイと楽天エディの違いを解説

まとめ|楽天ペイと楽天エディの違いを解説

楽天ペイと楽天エディの違いをまとめます。

  • 還元率は同じ
  • チャージ方法が大きく違う
  • 利用できる主要店舗に大きな差は無い

楽天ペイと楽天エディでは、チャージ方法が大きく変わります。

 

オススメの使い方

  • 楽天ペイ対応店 ⇒ 楽天ペイ
  • 楽天ペイが使えない ⇒ 楽天エディ

ポイント還元を取り逃がさない、オススメの使い方です。

お得な上に、慣れると現金で払うより楽です。

楽天ペイと楽天エディの違いを理解して、活用して頂けると嬉しいです。

 

Twitterで電気の知識や楽天サービスの情報を発信してます。

Twitterまーち (march_rys)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました