【解決】楽天モバイルから楽天アンリミットへ移行するべき?【○○以外は断然お得】

【解決】楽天モバイルから楽天アンリミットへ移行するべき?【○○以外は断然お得】楽天モバイル
シバ男
シバ男
  • 楽天モバイルから楽天アンリミットへ移行するべきかな?
  • スーパーホーダイには満足してるけど、楽天アンリミットの方がお得だよね。
  • 楽天アンリミットに移行したら、使い勝手が悪くなりそうで不安。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容
  • 楽天モバイルから楽天アンリミットに移行するべき
  • スーパーホーダイとアンリミットを比較
  • AU回線が圏外の方は絶対ダメ

 

この記事を書いてる僕は、2020年4月より、楽天モバイル アンリミットを利用してます。

本記事では、楽天モバイルから楽天アンリミットに移行すべきかを解説しつつ、移行してはいけない方まで紹介します。

 

スポンサーリンク

楽天モバイルから楽天アンリミットに移行するべき

結論、移行するべきです。

楽天モバイルから楽天アンリミットに移行すると、多くの方がお得になります。

 

楽天アンリミットに移行すべき理由

パートナエリアでもスーパーホーダイよりお得

楽天アンリミットは、楽天回線エリアなら得だけどエリア外では使えない。って思われてますが、そんなことなくて、全然使えます。

楽天回線エリア外のパートナーエリアであっても、スーパーホーダイプランよりお得です。

 

✔パートナーエリア

  • 低速1Mbps
  • データ容量が5GB
  • 楽天Linkアプリ利用で通話料無料

パートナーエリアでもこんな感じ。

スーパーホーダイ プランSのデータ容量が5GBまで上がって、通話料が無料になった感じですね。

シバ男
シバ男

パートナエリアでもこんなに良いサービス内容なの!?

まーち
まーち

他の携帯会社は、泣いてるよね…。

 

スーパーホーダイプランと楽天アンリミットを比較した表を作りました。ご参考下さい。

スーパーホーダイプラン楽天アンリミット
料金プランS:2,980円
プランM:3,980円
プランL:5,980円
プランLL:6,980円
2,980円
料金割引き楽天会員割:1,000円割引き
ダイヤモンド会員割:500円割引き
※どちらも1年目のみ
1年目無料
※限定300万名
データ容量プランS:2GB
プランM:6GB
プランL:14GB
プランLL:24GB
楽天回線エリア:無制限
パートナーエリア:5GB
低速モード1Mbps 使い放題パートナーエリア:1Mbps 使い放題
通話料30秒につき20円
楽天電話:1回の通話につき、10分無料
30秒につき20円
楽天Link:通話無料 ※IOS非対応
テザリング無料無料

楽天アンリミットは、2年目以降もスーパーホーダイ プランSと同じ2,980円で利用できます。

比較すると、お得さが明確ですね。

 

✔パートナーエリアの通信速度は?

楽天アンリミットの通信速度をエリア別に測定しました。

エリア別の通信速度を公開してますので、こちらの記事も合わせてどうぞ。

>>【最新版】楽天モバイル アンリミットをレビューする【ステマ無しで通信状態も公開】

 

1年間無料で使える

300万名限定、1年間無料で楽天アンリミットを利用できる。

既にスーパーホーダイプランを1年以上利用されて、割引きが無くなってる方は、かなりお得になりますね。

 

✔楽天アンリミットとの差額

  • プランS:29,760円/年
  • プランM:47,760円/年
  • プランL:59,760円/年
  • プランLL:83,760円/年

今なら、移行にかかる事務手数料3,300円も楽天ポイントで還元されるので、さらに移行し易いです。

シバ男
シバ男

じゃあ実質無料で移行できるじゃん!?

まーち
まーち

契約解除料も発生しないので、かなり移行し易いよね。

 

✔使用端末が対応してない場合

端末購入で、最大15,000ポイントの還元。

対応端末サポートキャンペーンが開催しており、お得に端末を購入できます。

ポイント還元を考慮した金額が以下の通り。

  • GALAXY A7:16.500円
  • Rakuten Mini:14,819円
  • OPPO A5 2020:16,182円

Rakuten miniであれば、15,000円以下で購入できまして、1年間の無料の差額を考えると実質無料ですね。

Webから申し込むと、更に3,000ポイント還元されます。

>>【初心者向け】楽天モバイル アンリミット(UN-LIMIT)の申し込み方法を解説

 

混雑時の速度制限が無い

以下は、スーパーホーダイプランの注意事項から引用してます。

※通信が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)は最大300kbps。

出典:楽天モバイル

楽天アンリミットでは混雑時の速度制限が無くなり、混雑時間帯であっても普段通りに利用できます。

安いから混雑時は遅くなっても仕方ない、、、っていうのも無くなり、もはや無敵ですね。

 

✔口コミ紹介

他の利用者さんも、混雑時間帯が快適に使えてるか調査しました。

通信速度も出ており、昼間でも動画が見れてますね。

※参考:ストレス無く通信できるのが5~25Mbpsと言われてます。

 

AU回線が圏外の方は絶対ダメ

楽天モバイルのパートナーエリアはAU回線を利用

上記の理由から、AU回線が入らないエリアの方は、移行すると圏外になります。

移行前に、AU回線が入っているか確認しておきましょう。

⇒楽天モバイルのホームページで、以下の手順通り確認すればO.Kです。

  • 確認①:ご自宅の住所を入力
  • 確認②:楽天回線エリア、パートナーエリア内に入っているか確認

図でも手順を解説してます。

  • STEP1
    楽天モバイルのホームページに移動
    公式ページに移動します。公式ページ楽天モバイル
  • STEP2
    サービスエリアマップをクリック
    サービスエリアマップの「詳細を見る」をクリックします。楽天モバイルのサービスエリアマップを確認その1

    出典:楽天モバイル

  • STEP3
    確認したい住所を入力する
    自宅など、通信エリアを確認したい場所の住所を入力します。※大阪駅など、地名でも大丈夫です。楽天モバイルのサービスエリアマップを確認その2

    出典:楽天モバイル

  • STEP4
    検索した場所のエリアを確認
    検索した住所が表示されるので、エリア内か確認します。楽天モバイルのサービスエリアマップを確認その3

    出典:楽天モバイル

シバ男
シバ男

移行前に確認しておくと安心だね。

 

楽天アンリミットの移行をオススメできない方

  • パートナーエリアの対象から外れてる方
  • 電話を多く利用するiPhoneユーザー

先ほどの解説から、パートナーエリアから外れている方は、楽天モバイルから楽天アンリミットに移行してはいけません。

 

また、LINEなどの無料通話アプリ以外で、電話を多く利用されるiPhoneユーザーの方もオススメできません。

というのも、楽天アンリミットはIOSに対応しておらず、iPhoneでは無料通話アプリ「楽天Link」を利用できません。

30秒毎に20円の通話料がかかるので、アプリ外の電話が多い方は、スーパーホーダイプランの方がオススメです。

 

楽天モバイルから楽天アンリミットは移行するべき?|まとめ

楽天モバイルから楽天アンリミットは移行するべき?|まとめ

楽天アンリミットへの移行がオススメです。

  • 低速1Mbps
  • データ容量が5ギガ
  • 楽天Linkアプリ利用で通話料無料

という感じでパートナーエリアでも、スーパーホーダイプランよりお得です。

 

✔移行をオススメしない方

  • パートナーエリアの対象から外れてる方
  • 電話を多く利用するiPhoneユーザー

楽天アンリミットは素晴らしいので、使って見て下さい。

 

というわけで、今回は以上です。

この記事が参考になると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました