【写真で解説】アース線の付け方(古いタイプ)を解説

アース線の取り付け方古いタイプアース線
シバ男
シバ男

 

  • アース線の取り付け方がわからない
  • 丸いものが付いてるけど?
  • アース線の付け方(古いタイプ)が知りたい

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容
  • アース線の付け方(古いタイプ)

 

この記事を書いてる僕は、第三種電気主任技術者の資格を取得しており、電気関連の会社に10年以上勤めてます

 

✔ワンタッチ式の取り付け方はこちら

 

✔ねじ式の取り付け方はこちら

 

スポンサーリンク

アース線の付け方(古いタイプ)を解説

アース線の取り付けに必要な工具を紹介。

✔必要な工具

  • ニッパやカッター(被覆を剥く用)

 

ワンタッチ式はアース線の被覆が剥けていれば、工具不要です。

被覆が剥けてない場合は、「ニッパ」もしくは「カッター」をご準備下さい。

 

✔工具の写真

アース線取り付けに必要な工具

ちなみにですが、アース線の取付に電気工事士の資格は不要ですので、どなたが作業しても問題ありません。※電気工事士法施行法参照

 

まーち
まーち

よく勘違いされるんだけど、資格は不要です

シバ男
シバ男

僕でもできるね

 アース線の付け方(古いタイプ)|写真を参考に付けてみて下さい

  • STEP1
    アース端子のネジを緩める
    アース端子のネジを半時計回りに回す

    アース端子のネジを左に回す

    アース端子に線を通す隙間

  • STEP2
    アース線の被覆を剥く長さを測る

    以下の写真のようにアース線の被覆を剥く長さを測ります。

    ペン等で印をつけておくと、被覆を剥くとき楽です。

    アース線の被覆を剥く長さを測る

  • STEP3
    アース線の被覆を剥く
    ニッパもしくはカッターを使って、アース線の被覆を剥きます。

    アース線の被覆を剥く①

    アース線の被覆を剥く②

    ✔こんな感じになったらOKですアース線の被覆を剥いた

  • STEP4
    アース端子にアース線を差し込む
    先ほど緩めたネジの隙間に、アース線を差し込みます。

    写真は左側に差し込んでますが、差し込む場所はどちらでも大丈夫です。アース端子にアース線を差し込みます

  • STEP5
    アース端子のネジを締める

    アース端子のネジを時計回りに回して締めます。

    締めが甘いと、アース線が抜けますので、しっかり締めておいて下さい。アース端子のネジを締める

  • STEP5
    最後に軽く引っ張る
    アース線を軽く引っ張って、外れなかったら完成です。

    お疲れさまでした

 

アース線の取り付けが出来ない場合

アース端子が壊れて、アース線の取り付けが出来ない場合、コンセントの交換が必要

交換には電気工事士の資格が必要ですので、資格が無い方にはできない作業になります。

感電の危険もありますので、無理にさわらず電気工事屋さんに依頼してください。

 

見積もりついでに、無料で確認して貰えるので、おかしいなと思ったら一度プロに見て貰うと安心です。

出張無料【電気の工事屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

 

というわけで今回は以上です。

この記事が参考になると嬉しいです。



タイトルとURLをコピーしました