アース線はしなくてもいい?【必要な理由を解説】

アース線はしなくてもいい?【必要な理由を解説】電気の知識
シバ男
シバ男
  • アース線 (緑色の線)はしなくてもいい?
  • アース線を付けなくても家電は動くけど、、、。
  • アース線ってホントに必要?

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容
  • アース線が必要な理由
  • アース線が無い場合
  • アース線の取付方法

 

本記事を書いている僕は、第三種電気主任技術者の資格を所有。

電気設備を管理する会社に10年以上勤めており、今までの経験と知識を元に解説していきます。

スポンサーリンク

アース線が必要な理由【ホントに必要?】

アース線が必要な理由【ホントに必要?】

必要です。アース線は感電防止のため、取り付けます。

日常生活に欠かせない電気製品は、故障すると感電のリスクがある。

感電は、最悪「死」に至る危険がありまして、、、。 過去に、「毎日使う家電」で感電死された例も存在します。 ⇒20代女性がバスルームで感電死

 

アース線を付けると感電から守ってくれるので、アース線の取付が必要というわけです。

まーち
まーち

電気は便利な反面、マジで危険。

安全対策は必須です。

 

✔取付が義務付けられている

内線規程と呼ばれる規程で、アース付きコンセントの取付が義務付けられている

アース付きコンセントの写真

アース付きコンセント

内線規程とは、「電気事業法」を補完する「民間自主規定」で法律ではありません。電気工事を行う上で、安全に電気を使う為に最低限守りましょうね!っていう、ルールが記載されているものです。

 

✔設置が義務付けられる電気機器

  • 洗濯機
  • 衣類乾燥機
  • 電子レンジ
  • 冷蔵庫
  • 食器洗い機
  • エアコン
  • ウォシュレット
  • 電気温水器
  • 自動販売機

これらの電気機器には、「アース付きコンセント」と「アース線」の取付が必須となります。

 

まーち
まーち

どれも「水」が関わってくる電気機器。

水は電気を良く通すので、感電リスクが高まる為です。

 

感電する仕組み

  • どうやって感電するのか
  • 何故アース線で防げるのか

図を使って解説します。

※電子レンジで解説してますが、他の家電製品でも同じ

 

✔アース線を取り付けてない場合

電子レンジ漏電の図解

コンセントから電気を貰って、電子レンジを動かしてコンセントに戻る。

普段はこれを繰り返してます。

家電製品が故障すると、、、。コンセントに電気が戻らず、電子レンジ全体が電気を帯びた状態になる。

 

✔この状態で、電子レンジに触れると

触ると感電する図解

人間の身体に電気が通り、感電します。

 

✔アース線を取り付けてる場合

アース線に電気が流れる図解

電子レンジに帯電していた電気は、アース線を通って戻る。

電気は、流れやすい方に流れる性質がありますので、人間より電気が流れやすいアース線に流れていきます。

その為、電子レンジを触っても感電しません。

シバ男
シバ男

なるほどね。アース線を付けてると感電しない訳だ。

アース線が取付られない場合

  • アース線付きコンセントに交換する
  • ビリビリガードで代用する

住宅の中には、アース付きコンセントが無くて、アース線が付けられない場合があります。

その場合、アース付きコンセントに交換が必要となりますが、交換には「電気工事士の資格」が必要でして、簡単にできません。

電気工事会社に依頼して取り付けて貰う必要があります。

 

シバ男
シバ男

感電対策は大切だけど、ぶっちゃけ工事までは面倒です。

まーち
まーち

ていう方が大半かと思います。

そういう場合は、ビリビリガードを使いましょう。

電気製品の故障を感知して、瞬時に感電から守ってくれます。


 

ビリビリガードの詳細はこちらの記事をどうぞ

アース線はしなくてもいい?|まとめ

アース線はしなくてもいい?|まとめ

アース線はしなくていい事は無いので、必ず取付て下さい。

電気製品の感電対策は必須です。

取り付けて無い方は、これを機に取り付けおくと故障した時も安心ですよ。

 

取付方法に不安がある方は、こちらもどうぞ。

 

大変便利な電気製品ですが、一歩間違えると悲惨な事故に発展するので、対策はしっかり行っておきましょう。

 

というわけで今回は以上になります。

この記事が参考になると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました