Looopでんきが料金値上げ!?乗り換え先はこの2社がオススメ

Looopでんきが料金値上げ!?乗り換え先はこの2社がオススメ電力会社
シバ男
シバ男
  • Looopでんきの料金が値上げされる
  • ただでさえ電気代高いのに..。これ以上の値上げは勘弁!
  • 乗り換えるなら、どこがオススメか知りたい。

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容
  • オススメの乗り換え先2選
  • Looopでんきとオススメ2社の料金を比較【全国対応】

本記事を書いてる僕は、Twitter&YouTubeで電気の情報を発信。

電気関係の仕事を15年以上行っており、今までの経験や知識を元に記事を書いております。

2022年4月28日、Looopでんきが料金改定を発表。

この料金改定で、電気料金が5.6%~19.7%値上がることになります。

Looopでんき料金改定

出典:Looopでんき

※2022年6月1日(水)~実施 

シバ男
シバ男

楽天でんきに続いてLooopでんきもか…

そこで今回は、「電気料金が値上がるなら乗り換えたい」という方向けに、オススメの乗り換え先を2社紹介していきます。

Looopでんきの料金値上がり後より、安い料金になりますので、是非ご参考下さい。

 

✔動画でも解説しております



オススメの乗り換え先2選

  • auでんき:電気使用量の少ない方、UQモバイルユーザー向け
  • どこよりもでんき:Looopでんきと似た料金プラン

4/30、新規申し込み可能な電力会社の中では、この2社がオススメになります。

※ウクライナ危機の影響で燃料コストが高騰しており、新規受付を停止している電力会社が急増してます。

まーち
まーち

いつ新規受付が停止するか分からないので、切り替えはお早めに!

シバ男
シバ男

最近停止してる電力会社増えてるもんね…

 

この2社を紹介していきます。

auでんき

  • 大手電力会社より-0.01円安い料金設定
  • UQモバイルの料金が月額-638円
  • Pontaポイントの還元率が最大5%と高い

auでんきは、大手電力会社より気持ち安いぐらいの料金単価なので、そこまで安い電力会社ではありません。

ただ、Pontaポイントの還元率がめっちゃ高い(最大5%)のと、UQモバイルの割引きが大きいので、「Pontaポイントをよく使う方」や「UQモバイルユーザー」の方にはオススメです。

まーち
まーち

UQモバイル使ってるなら、auでんきがオススメ

 

✔auでんきはこんな会社

  • KDDIが運営する新電力の会社
  • 市場連動型では無い
  • 事務手数料や解約金は無い

市場連動型プランではありませんので、突然電気代が高騰するようなことはありません。

違約金や解約金もありませんので、もし合わなかったらいつでも解約可能です。

 

✔料金を比較するとこんな感じ

計算条件

  • 契約アンペア:100kwh→30A、250kWh→50A、400kWh→60Aで計算
  • 燃料費調整額、再エネ賦課金は含めておりません
  • Looopでんきは改定後の料金単価で計算
Looopでんき料金比較①
Looopでんき料金比較
Looopでんき電気使用量③

比較して思ったのは、お住まいのエリアによっては、まだまだ「Looopでんきが安い」ということ。

北海道エリアや九州エリアは、どの使用量でもLooopでんきの方が安いので、乗り換える必要は無さそうです。

 

ただ、関西エリアや中国エリア、四国エリアに関しては、全ての使用量で「Looopでんきが割高」になってます。

大手電力会社と契約するより高くなってますので、適当な電力会社に乗り換えるだけでも安くなりそうです。UQモバイルユーザーの方なら、auでんきに乗り換えると更にお得ですね。

シバ男
シバ男

僕は、Pontaポイントも使うから、auでんき良いかも

公式ページauでんき

どこよりもでんき

どこよりもでんきが提供するプランは、Looopでんきとよく似た料金プランです

基本料金が0円、料金単価は一律になりますので、使用量が多い方ほどお得なプランになります。

九州電力エリア以外は、Looopでんきより料金単価が安いので、基本的に乗り換えて損することはありません。

まーち
まーち

九州電力エリアの方だけご注意下さい

 

✔どこよりもでんきはこんな会社

  • どこよりもWi-Fiで有名な株式会社ワイズが運営する新電力の会社
  • 市場連動鋳型では無い
  • 事務手数料や解約金は無い
  • Looopでんきと同じ基本料金が0円。料金単価が一律。

市場連動型プランではありませんので、突然電気代が高騰するようなことはありません。

Looopでんきと同じ基本料金0円ですので、地味に高い基本料金を払う必要が無い。

解約金もありませんので、いつでも気軽に解約可能です。

まーち
まーち

Looopでんきの乗り換え先としては最適かと

✔料金を比較するとこんな感じ

計算条件

  • 契約アンペア:100kwh→30A、250kWh→50A、400kWh→60Aで計算
  • 燃料費調整額、再エネ賦課金は含めておりません
  • Looopでんきは改定後の料金単価で計算
Looopでんき料金比較④
Looopでんき比較⑤
Looopでんき料金比較⑥

比較した結果、九州電力エリアを除けば、どの使用量でもLooopでんきより安くなっております。

Looopでんきと同じ料金形態なので、単純にLooopでんきの料金単価が安いバージョンと思ってもらってOKです。

ただ、既に「北陸電力エリア」や「四国電力エリア」では、新規申し込みが停止しておりますので、申し込むことができません。

まーち
まーち

こちらでも、新規申し込みの停止が始まりつつあります。

 

公式ページどこよりもでんき

Looopでんきとオススメ2社の料金を比較【全国対応】

  • Looopでんき
  • auでんき
  • どこよりもでんき

Looopでんきとオススメの2社を比較した結果がこちらになります

 

計算条件

  • 契約アンペア:100kwh→30A、250kWh→50A、400kWh→60Aで計算
  • 燃料費調整額、再エネ賦課金は含めておりません
  • Looopでんきは改定後の料金単価で計算
Looopでんき料金比較⑦
Looopでんき料金比較⑧
Looopでんき料金比較9

3社を比較した結果、九州電力エリア以外は「どこよりもでんき」が安い

ただし、電気の使用量が少ない方で「UQモバイル」を使われてる方は、auでんきのほうがお得になります。

かなり割高になってるエリアが多いので、九州の方以外は、乗り換えられるのがオススメです。

まーち
まーち

新規受付停止してるエリアもあるので、乗り換えされる方はお早めに!

 


まとめ|Looopでんきが料金値上げ!?乗り換え先はこの2社がオススメ

まとめイメージ画像

今回は、Looopでんきの乗り換え先について、書いてみました

オススメの乗り換え先は以下の2社です

  • auでんき:電気使用量が少ない方、UQモバイルユーザー、Pontaポイントを使う方向け
  • どこよりもでんき:Looopでんきと同じ料金形態。電気使用量が多い方向け

料金改定後、Looopでんきの料金は5.6%~19.7%値上がることになります。

 

現在、人気の新電力がどんどん新規受付を停止している状況です。

Looopでんきの料金改定は6月1日と少し先ですが、それまでこれらの新電力が新規受付しているとは限りません

どんどん良い電力会社が選べなくなってますので、乗り換えを検討されてる方はお早めに!

 

というわけで今回は以上になります。

この記事が参考になると嬉しいです。



タイトルとURLをコピーしました