楽天ハンドが実質無料で購入できる⇒

【家を守る】地震で停電したらブレーカーを落とす理由【やらないと燃える】

停電したらブレーカーを落とす理由電気の知識
シバ男
シバ男
  • 地震で停電したらブレーカーを落とす理由って何?
  • 落とさなかったらどうなるの? 家電が壊れる?
  • 誰でも判るように解説して下さい

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容
  • 停電したらブレーカーを落とす理由
  • 停電したら落とすブレーカー
  • 停電時の注意事項

この記事を書いている僕は、「第三種電気主任技術者」の資格を保有。

電気設備を管理する会社に10年以上勤めており、今までの経験と知識を元に解説していきます。

 

スポンサーリンク

停電したらブレーカーを落とす理由

火災で家が燃えるのを防ぐため

停電が復旧すると使ってた家電製品に電気が流れます。

地震や災害が起こると、家電製品が「倒れたり」「壊れたり」するので、そこに電気が流れると、、、。通電火災が発生。

家電製品から火が出て、「避難所から戻る頃には家が燃えてる」って感じになります。

まーち
まーち

こうならない為に、ブレーカーを落とします。

 

✓ 通電火災とは?

復電と同時に電気機器が動き出し、漏電や暖房機器からの出火が原因で発生する火災のこと

 

火災の発生率は60%を超える

停電時にブレーカーを落とさずに避難した場合、火災に繋がる確率は極めて高い

過去に起きた2大地震でも、電気に起因する火災は総出火件数の60%以上を占めています。

 

✓ 阪神淡路大震災

 総出火件数 285 件の出火原因のうち電気に起因する火災が占める割合は、出火原因が不明なケース(146 件)を除くと、約 61%(85/139 件)に達するものと考えられている(図表 5)(総務省消防庁 1998)。

出典:大規模地震時の電気火災の発生抑制に関する検討会報告書

✓ 東日本大震災

(前略) また、本震とは別に、余震や地震後の停電復旧、地震で破損した機器を使用したこと等に起因した火災でも、電気が火源となったものは約 70%(37/53 件)となっている(図表 9)。これらを合計すると、東日本大震災での地震型火災 163 件の約66%(108/163 件)が電気火災であったといえる。

出典:大規模地震時の電気火災の発生抑制に関する検討会報告書

 

ブレーカーを落とすだけで、火災発生率はグっと下がりますので。

避難時はブレーカーを落として下さい。

 

シバ男
シバ男

ん?でも、どのブレーカーを落とせばいいの?

まーち
まーち

それも解説していくね

 

停電したら落とすブレーカー

ブレーカーのイラスト

引っ越しの時、一番最初に入れるブレーカーを落とす

家に引っ越してきた時、一番最初に入れるブレーカーが、停電時に落とすブレーカーです。

 

「そんなん忘れた」って方は、以下のどこかに付いてますので一度探してみて下さい。

  • 玄関
  • 洗面所
  • トイレ

このどれかに分電盤があります。

見た目はこんな感じになりますので、ご参考下さい。

 

✓ 分電盤 その①

分電盤

 

✓ 分電盤 その②

分電盤その2

どの分電盤でも、「向かって一番左に付いてる、一番大きいブレーカー」を落とせばOKです。

シバ男
シバ男

場所が判ってると緊急時に焦らないね。

まーち
まーち

注意事項も抑えておくと安心ですよ。

 

停電の注意事項3つ

✓ 停電時の注意事項

  • ①避難時にブレーカーを落とす
  • ②ロウソクなど裸火を使わない

 

✓ 復電時の注意事項

  • ① ブレーカーは全部落としてから入れる

順に解説していきますね。

 

停電時①:避難時にブレーカーを落とす

停電したら必ずブレーカーを落とす。というわけでは無い

停電は地震(災害)以外でも起こりますので、「停電したら必ずブレーカーを落とす」というわけではありません。

避難が必要な場合に、ブレーカーを落としましょう。

 

✓ 停電の原因を把握できると安心

停電の原因を冷静に把握できると、より安全な対応な可能です。

主な停電の原因以下になります。

  • 地震:規模が大きいと、送電側にトラブルが生じる。
  • 台風:暴風で送電線が切れる。
  • 落雷:一時的な停電。復電を待つ
  • 送電側のトラブル:復電を待つ
  • 電気の使い過ぎ:落ちる前に使った家電を抜く

まずは、家の回りを見て「外灯や近所の家も停電してるか」を確認しましょう。

自宅だけ停電している場合は、使い過ぎの可能性が高いです。

 

✓ 自宅だけ復電しない

回りは復電してるのに、自宅や回りだけ復電しない場合は、電力会社に連絡すればOK。

自宅回りの電線だけ切れてる場合もありますよ。

まーち
まーち

電力会社のホームページで速報もチェックしよう

 

停電時②:ロウソクなど裸火を使わない

ロウソクや裸火は火事の原因になる

停電時にロウソクを使ったら家が燃えた。というのは、よくある話でして。

「いやいや、そんなバカなこと無いでしょ」って思うかもですが、消防庁が公式Twitterで発信するぐらい重大なことです。

 

✓ 総務省消防庁の公式Twitter

このように、ロウソクで火災が3件も発生してるので、使用は絶対に避けましょう。

LED電灯を1個でも準備しておくと、ロウソクや裸火に頼ることも無いですよ。


 

✓ ビニール袋を使って光を拡散

ペンライトが意外に使えるとTwitterで話題になってました。

 

✓ ペットボトルでもOK

ペットボトルとペンライト

実際に試してみたら、明るさは思った以上に広がります。

シバ男
シバ男

これ考えた人賢いなぁ

まーち
まーち

知ってると便利よね。

次は復電時の注意事項です。

 

復電時①:ブレーカーは全部落としてから入れる

家電や宅内の配線が破損してると火災の原因に

大地震で避難し、家に戻ってもスグにブレーカーを投入してはいけません。

家電や宅内の配線が破損していると、電気が漏れて(漏電)、火災や感電事故に繋がります。

まずは分電盤のブレーカーを全て落としましょう。

 

✓ 安全にブレーカーを入れる手順

  • STEP1
    ブレーカーを全て落とす
    分電盤のブレーカーを全て落とします。ブレーカーを全て落とす
  • STEP2
    メインブレーカーを入れる
    次にメインブレーカーを入れます。メインブレーカーを入れる
  • STEP3
    子ブレーカーを入れる
    子ブレーカーを1つずつ入れていきます。子ブレーカーを1つずつ入れる
  • STEP4
    ブレーカーが落ちる場合
    不具合があると、ブレーカーを入れても自動で落ちます。

    落ちたブレーカーはOFFにしておき、絶対に使用しないで下さい。感電や火災の危険があります。

    早急に電気屋さんに連絡して、ブレーカーが落ちる原因を調査して貰って下さい。

  • STEP5
    ブレーカーが入る場合
    問題無く入る場合は、そのまま使って頂いて大丈夫です。

不具合が生じた場合は、専門知識を持つ電気屋さんに見てもらって下さい。

電気は目に見えないので、素人の方が下手に触ると、感電死する危険があります。

 

まーち
まーち

電気は危険だからね。

 

まとめ│地震で停電したらブレーカーを落とす理由

まとめイメージ画像

停電して避難する際は、ブレーカーを落とすようにして下さい。

落とすだけで、火災の発生率がグッと下がりますので、宜しくお願いします。

 

というわけで今回は以上になります。

この記事が参考になると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました