停電したら絶対すべき1つのこと【災害対策で知るべき内容】

停電したらすべきことのアイキャッチ電気の知識

こんにちは、まーちです。

シバ男
シバ男
  • 災害時に停電したらどーしたらいいの?
  • 復電したら火事になるって本当?

 

 

こんな悩みを解決します。

 

自己紹介「march-blog」の管理人は、電気関係の仕事に10年以上従事しています。電気工作物の保安監督に必要な「第三種電気主任技術者」の資格を所有しています。

結論から言います。

災害で「停電」した場合は、メインブレーカーを絶対に落として下さい!!

シバ男
シバ男

え?ブレーカー?どこにあるの?

まーち
まーち

それも合わせて解説しますね!

全体の流れ

  • 停電したらブレーカーを落とす理由
  • 停電したら落とすブレーカーについて
  • 災害停電 注意すべき2つのこと

 

この流れで解説していきます。

 

スポンサーリンク

停電したらブレーカーを落とす理由

停電の写真

 

理由ですが、復電時に通電火災(=復電火災)が発生するからです!

 

通電火災(=復電火災)

復電と同時に電気機器が動き出し、漏電や暖房機器からの出火が原因で発生する火災のこと

 

過去に発生した大震災からも、通電火災の怖さが読み取れます。

【阪神淡路大震災】

 総出火件数 285 件の出火原因のうち電気に起因する火災が占める割合は、出火原因が不明なケース(146 件)を除くと、約 61%(85/139 件)に達するものと考えられている(図表 5)(総務省消防庁 1998)。

出典:大規模地震時の電気火災の発生抑制に関する検討会報告書

【東日本大震災】

(前略) また、本震とは別に、余震や地震後の停電復旧、地震で破損した機器を使用したこと等に起因した火災でも、電気が火源となったものは約 70%(37/53 件)となっている(図表 9)。これらを合計すると、東日本大震災での地震型火災 163 件の約66%(108/163 件)が電気火災であったといえる。

出典:大規模地震時の電気火災の発生抑制に関する検討会報告書

電気火災が6割を占めています。 

通電火災も電気火災の一つです。

 

通電火災(=復電火災)の原因

発生までのフローを記載します。

 

【通電火災の発生フロー】

  • 停電するまで使用していた電気機器が、災害の影響で転倒したり、物の下敷きになる。
  • 住民の方は避難されて、落ち着くまでは避難所へ
  • その間に電気が復電
  • 災害前までに使っていた機器が動き出し、漏電や暖房機器からの出火が原因で火災となる。

 

このような流れで、通電火災が発生します。

シバ男
シバ男

怖すぎる…対策はあるの?

 

通電火災(=復電火災)の対策

冒頭でも言いましたが、

避難する前に、メインブレーカーを落とす!!

理由⇒

電気製品に電気が送電されなくなるので、復電時の出火を防げます。

対策はこれだけです!

 

次に落とすブレーカーについて解説します。

停電したら落とすブレーカーについて

分電盤の写真

上記写真の箱みたいな物を見たことありますか?

洗面所や玄関に設置されています。

 

まーち
まーち

電気を各部屋に分ける盤なので「分電盤」っていいます。

この分電盤のメインブレーカーを落として下さい。

ブレーカーのイラスト

黒い丸がメインブレーカーです。

黒い突起部分を下に下げます。

※下げたら「切」のマークが見えます!

これだけです。

 

最近の分電盤は、こんな形です。

分電盤その2写真

こちらも同様で、写真左側の大きいブレーカーを落とすだけ!

 

シバ男
シバ男

対策が!簡単ですね

メインブレーカーを落とすだけで、通電火災の対策になります!

避難される前に、メインブレーカーは落として下さい!

 

通電火災の対策については、以上となります。

 

他にも注意すべきことが2つあります。

30秒ぐらいで読めるので、ついでにチェックして下さい。

 

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

災害停電 注意すべき2つのこと

太陽光発電の写真

 

注意して頂きたいこと

  • 太陽光パネルに触れない
  • ろうそく等、裸火の使用を控える

 

太陽光パネルに触れない

太陽光パネルは、パネルに太陽光が射光されて発電します。

程度にもよりますが、損傷してても太陽光を受ければ発電します!

 

損傷してるから…と思って安易に触ると、感電の危険性があります!

感電については、こちらの記事で解説してます。

アース線の必要性と感電について

 

安易に触らず、可能であればブルーシート等でパネルを遮光しておき、専門業者に連絡して対応してもらいましょう!

 

ろうそく等、裸火の使用は控える

停電状態が続くと、夜は真っ暗です。

ろうそくで灯を取る方がおられるのですが、裸火の使用は極力控えて下さい。

 

総務省消防庁の公式Twitterでも発信されてます。


いざという時の為に、ランタンやLED懐中電灯を備えておくことが大切です。

 

簡単に手作りランタン 【ライト×ペットボトル 】

簡単にランタンを作る方法を紹介します。

作り方

1.ペットボトルに水を入れる!

2.ペットボトルの下から、ライトを照らす

たったこれだけです!

ライトは、「LED懐中電灯」でも「スマホのライト」でも大丈夫です。

 

ペンライトで照らしてみた画像を紹介します!

【ペンライト】

簡易ランタンの写真

伝わりにくいですが、ペットボトルを通して照らす方が明るいです。

 

ペンライト×ビニール袋がTwitterで話題になってました!

参考になると嬉しいです。

 

停電したらすべきこと まとめ

まとめの写真

今回は停電したらすべきこと!について書きました。

この内容が役立つ日が来ないことが一番ですが、災害は無くならないのが現実です。

知ってるだけで対策になる事もありますので、通電火災の対策が広まれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました